遠く離れた地の名入れタオル

実家の母はよく「タオルは買わなくても、頂きものがたくさんあるから」と言っていました。実際、箱に入ったフェイスタオルのセットやバスタオルなどが、箱に入ったままの状態でたくさんありました。そして、それ以上にビニール袋に入り、粗品と書かれた熨斗のついたタオルが天袋に押し込まれていたものです。年頃だった私は、会社の名前が印刷されたタオルを使うのは抵抗があり、頂き物のなかでも可愛いものばかりを選んで使っていました。その後、他県に嫁いだ私は、私は夫とともに小さな家を購入しました。これから増えるだろうけど、当面使いなさいと母が頂き物のタオルの一部を分けてくれました。かわいらしい物も交じっていましたが、多くは名入れタオルです。嫁ぎ先の土地にはない会社やお店の名前が印刷してあり、洗濯して干すときには懐かしい気持ちになります。


お祝いにオススメ、名入れタオル

友達の出産祝や入園・入学祝を選ぶのは、意外に難しいです。キチンとお祝いを包むほどの間柄ではないけれど、何かお祝いの気持ちを贈りたいという場合。あまり高額だと気を使わすし、どうせなら新生活に役立つものを贈りたいですよね。そんな時にオススメなのが、名入れタオルです。出産祝で贈るなら、肌に優しいオーガニックタオルなんかが喜ばれると思います。保育園や幼稚園の入園・小学校の入学準備なら、ハンドタオルやタオルハンカチの方がいいかもしれません。園に毎日、持っていくので何枚あっても重宝されます。すべての持ち物に名前を書かなければいけないので、最初から名前を入れて贈るとママに大変喜ばれますよ。まだ字が読めない小さな子どもさんなら、名前の横にお花や星のマークを入れてあげるのもよいアイデアです。自分のマークで、自分のハンカチが分かりますね。


名入れタオルについて。

名入れタオルに、会社の名前を入れて作れば会社を覚えてもらえたり、仕事を頼まれたり良いことがたくさんあると思います。名前を入れるということは、自分の会社を誇りに思っているから、自信があるから、できることだと私は思います。それは、すごく素晴らしいことだと思います。やろうと思って簡単に出来ることではないと思います。それから、赤ちゃんが産まれたらタオルに名前を入れたりして、配ることもあります。赤ちゃんが、産まれた記念に、作るのは思い出にもなるしたくさんの人に名前を覚えてもらえるチャンスでもあると思います。いろいろな、色があるから赤ちゃんに似合った色を選んであげたら良いと思います。赤ちゃんが、いつか大人になった時にそのタオルを見せてあげたら凄く喜ぶと思います。とても嬉しいことだと思います。そして、自分の子供にも作ってあげたら良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*